仕事を教えるというのは実に難しい事である。教える事は同時に自分がどれだけ理解できているかを再確認出来るものでもある。自分の職場に後輩が入って来た時に仕事を教える立場になった時、どのように教えるのがいいのだろうか。それは十人十色、人それぞれだ。特に今の時代の若者は扱いが難しく、少しでも理不尽な事があったり厳しくしてしまうとすぐ辞めてしまう事もある。人によってだが、そのような人が非常に多いのが現実だ。だから教える方もその人によって教え方を変えていく必要がある。変える必要などないと思う人も当然いるだろうが、時代によって変えていかなければならない事もあるのだ。そういう面でも仕事の教え方というのは難しい分野なのだ。どこの職場にも人に教える事が得意な人、そうでない人といる。得意な人とは基本的な性格が世話好きだったり、優しい人だったりと、職場に慣れていない人にとっていい場所だと思ってもらえるような人が適している。ぶっきらぼうだったり人と接する事が苦手な人には向かない仕事だ。人見知りな人にも向かない。それだけ人に仕事を教えるという事は大変な事なのである。得意な人でも気は使うし、その教えた人がすぐ辞めてしまったら自分のせいなんだと責任を感じる事もある。得意といってもできる事ならばやりたくはないと思う人も多いだろう。だが頼まれる人は希望しなくても頼られて抜擢されやすい。教えるのは神経を使うが、もしもバイト先に後輩が入って来たとき優しく接してあげたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です